スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児玉清さんのこと

久しぶりのブログ更新です。

昨夜、インターネットを開くと、Yahoo!ニュースで俳優の児玉清さんが胃がんのため亡くなったという訃報が報道されているのを知りました。児玉さんが入院しているということ自体知らなかったので、このニュースに触れた時にはちょっと驚きました。

16kodama_convert_20110518073315.jpg

私は特に児玉さんのファンだったというわけではありませんが、親近感を覚える部分がありました。

何年くらい前のことなのかはっきりと覚えておらず、かなり何年も前のことだと思いますが、私は児玉さんが何かのトーク番組に出演しているのを見たことを覚えています。その時に初めて、児玉さんが大の本好きだということを知りました。

私も本が好きなので、その話を聞いてから児玉さんに親近感を覚えるようになりました。

児玉さんと言えば、書評番組「週刊ブックレビュー」の司会者を長年務めた人であり、本に対する愛情は人一倍深いものがあります。

そのトーク番組で、児玉さんが英国人の作家であるケン・フォレットについて熱心に語っていたのが強く印象に残っています。児玉さんは語学が得意で、英語やドイツ語で書かれた原書のまま作品を鑑賞することができるという話をしていました。

外出先にも持ち歩いていて、いろいろなところで本を読む習慣があるけれども、その時に一つだけ不便で困ることがあるそうです。それは、洋書のハードカバーの場合、分厚い本になると、かなりの分量で重さもあり、表紙も大きいため、持ち運びに困るという話でした。

その話をしながら、児玉さんは和書と洋書の代表的な特徴の違いについて触れていました。それは、和書の場合、長編作品になると、前編と後編というような形でストーリーを分けて出版するけれども、洋書の場合は基本的にそういう形態を取らずに、長編の分厚い作品でも、一つの巻として出版することが普通だということでした。

私は、そういう話を聞きながら、児玉さんの本に対する思い入れや愛情を強く感じました。

その番組を見た時期から、今では世の中の状況が変化し、出版を取り巻く環境も大きく変わっています。インターネットや電子デバイスの発達で、昨年2010年は「電子書籍元年」と位置づけられ、今年はさらにそれがどういう展開を見せるのか注目されています。

分厚い洋書を持ち歩く不便さについて語っていた児玉さんが、現在の電子書籍の登場という時代環境の中で、本についてどんなことを考えていたのか、今となっては話を聞く機会がなくなってしまったのが残念です。

以前、児玉さんの著書『寝ても覚めても本の虫』(既に文庫化されている)を読みました。今、改めて再読したいという想いが湧いてきました。

私の手元にあります。

30897427.jpg

ご冥福をお祈り申し上げます。

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平井和也

Author:平井和也
KH翻訳事務所代表。主に人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳を中心にしており、行政翻訳専攻です。好奇心旺盛な本好きです。異文化間コミュニケーション・サポーター。日本翻訳者協会(JAT)会員。海外ニュースライター。

特に政治、経済、国際情勢、行政、ジャーナリズムといった時事的なテーマが得意です。

主な翻訳実績として、東大や一橋大学などの教授の書いた学術文書の英訳、2006年サッカーW杯ドイツ大会の翻訳プロジェクトや防衛省・法務省などの政府系文書、政府高官のパーティースピーチ文書、国際会議関連文書、シンクタンクの報告書・論考、英字新聞『ジャパン・タイムズ』寄稿記事の和訳などの翻訳経験があります。

趣味:読書、語学。

ブログを読んでいただいて、ご意見・ご感想などございましたら、お気軽に以下のアドレスまでメールをいただければと思います。

curiositykh@world.odn.ne.jp

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンティークな懐中時計
今日の時事英語
ブクログ
ブクログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
キーワード出現頻度解析ツール
検索の仕組み | 上位表示の方法 | 無料SEOツール | 最新SEO情報
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ドキュメントルートとは blogram投票ボタン