スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダヤジョーク

私は、翻訳者として異文化間コミュニケーションを専門としている立場であり、世界の様々な文化圏のユーモアや笑いの感覚に興味があります。その中でも、特にユダヤジョークには、独特の世界観や発想、諧謔が反映されており、魅力を感じます。

例えば、『ユダヤ人5000年のユーモア』(ラビ・M・トケイヤー)の中に収録されている次のようなユーモアには、脳みそを刺激されます。

その1

コッペルは、イスラエルからアメリカに移民したばかりだった。
ニューヨークの街を歩いていて、赤信号なのに道路を横断したために、警官に呼びとめられた。
「ドント・ウォーク(歩くな)という信号が目に入らなかったのかね!」
警官がどなった。
「いや、わたしはてっきりバス会社の宣伝だと思いました」

その2

スター夫妻はパーティーから、遅く家に帰ってきた。
その間、隣家の娘のパティが、スター夫妻の5歳になる息子のサミイの相手をしてくれていた。パティは美しい女子学生で、息子のサミイはよくなついていた。
スター夫人は、パティに、アルバイト料を支払った。
そして、息子のサミイに、
「おねえさんが帰るから、お休みのキスをしなさい」
と言った。ところが、サミイは首を激しく横に振った。
「ちゃんと、おねえさんに、お休みのキスをするのですよ!」
と、夫人が叱った。
すると、サミイが、
「いやだよ。このあいだ、パパがおねえちゃんにキスしようとしたら、頬っぺを強くぶたれたんだから!」
と言った。

テーマ : 語学・国際交流
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平井和也

Author:平井和也
KH翻訳事務所代表。主に人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳を中心にしており、行政翻訳専攻です。好奇心旺盛な本好きです。異文化間コミュニケーション・サポーター。日本翻訳者協会(JAT)会員。海外ニュースライター。

特に政治、経済、国際情勢、行政、ジャーナリズムといった時事的なテーマが得意です。

主な翻訳実績として、東大や一橋大学などの教授の書いた学術文書の英訳、2006年サッカーW杯ドイツ大会の翻訳プロジェクトや防衛省・法務省などの政府系文書、政府高官のパーティースピーチ文書、国際会議関連文書、シンクタンクの報告書・論考、英字新聞『ジャパン・タイムズ』寄稿記事の和訳などの翻訳経験があります。

趣味:読書、語学。

ブログを読んでいただいて、ご意見・ご感想などございましたら、お気軽に以下のアドレスまでメールをいただければと思います。

curiositykh@world.odn.ne.jp

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンティークな懐中時計
今日の時事英語
ブクログ
ブクログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
キーワード出現頻度解析ツール
検索の仕組み | 上位表示の方法 | 無料SEOツール | 最新SEO情報
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ドキュメントルートとは blogram投票ボタン