スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GiveとGet

私は元同時通訳者の松本道弘氏を、英語のプロとして尊敬しています。同氏について初めて知ったのは、大学1年生のときでした。たまたま本屋で同氏の本を見つけ、買って読んだところ、その内容のレベルの高さと的を射た英語論に度肝を抜かれました。そのとき買ったのは、たしか『「タイム」を読む』(講談社現代新書)だったという記憶があります。

その後、本屋で松本氏の本を見つけると、必ず買うようになりました。同氏の主張の中で特に驚いたのは、「giveとgetは英語の心だ」という着眼点でした。この実に単純な基本動詞が、英語の本質を形作っているという考え方は、当時の私にとっては目から鱗でした。この動詞を使いこなすことができれば、自由自在に英語を操ることができ、逆に使い出したら癖になってしまう代物なのです。

この動詞を巧みに使いこなすためには、発想の転換が必要です。例えば、The latest issue of “Time” gives the issue a cover story.なんていう英文を訳そうとしたら、大部分の日本人は戸惑ってしまいます。つまり、この文にあるようなgiveという動詞の使い方に、馴染みがないのです。大半の日本人にとって、giveという動詞は、「人が物質的に具体的な何かを与える」という意味の単語という認識があり、この文のように無生物主語を受けて使われるという認識がないのです。直訳すると、「雑誌『タイム』の最新号は、その問題にカバーストーリーを与えている」となり、これでは何を言わんとしているのかわかりません。もう少し噛み砕いていくと、「雑誌『タイム』の最新号は、その問題にカバーストーリーの紙面を与えている」となり、正確な意味に近づいてきます。この英文の意味は、「雑誌『タイム』の最新号で、その問題が特集記事(カバーストーリー)として報じられている」ということになります。

私は、上記の英文を松本氏の本で始めて見たとき、すぐに意味をつかむことはできませんでした。直訳を基にしてしばらく考えた後、ようやく意味を理解することができました。究極の基本動詞であるgiveとgetについて、同氏は『上級をめざす英会話』(講談社現代新書)の124ページから126ページで、次のように書いています。

次の英文は私が英語道初段の頃に書き上げたもので、わざとgiveとgetという基本動詞を多用し、英語はgiveとget(take)から成り立つという私の仮説を証明したものである。

giveとgetのリズムを学びたい方は、何度も音読して頂きたい。

J: So let me give you my scenario. First, you are going to get some “Sokaiya.” Now let me get the definition straight with you. “Sokaiya” are professional gadflies hired by companies to see that there's nobody unhappy with corporate figures they give out to the stockholders at the stockholders' meeting, often by heckling or downright violence. They are, in short, “unlicensed business consultants with wits and guts.” Then, get them to get access to a big-name company and get all the secrets and financing gimmicks out to me. Get the company by the tail by reasoning, not by threats. Don't threaten them to give their secrets a full airing.

Second, I'm going to get a bank guarantee from a Stateside bank to get long-term financing in Japan and to get a controlling share and controlling voice of a Japanese company to buy it out. Give the MITI high officials assurances that we're ready to help the Japanese government get down surpluses by getting into a 50-50 joint venture with them—giving neither side control. And get their go-ahead.

Third, get big publicity and the favorable response from the consumers.

Fourth, get accounts and short-term credit from commercial banks.

Fifth, get aggressive and frustrated guys from trading companies.

Sixth, get one of the biggest supermarkets under control. And give the distribution industry in Japan some competition and get hold of it.

Seventh, after getting consumers' moral support, get the government of Japan to give us some tax breaks or at least benign neglect, I mean, tacit approval to our aggressive business deals.

Eighth, get on with the business while we are giving the government something else to worry about. The name of the game is to get the law to get around the law.

After all, any law is made to give something to everybody. I know there's lots of “give” in Japanese laws.

K: Are you going to get the loan first?

J: Sure. Give me credit for the word. The word is getting around in the States that my name gives marine sergeants pause in a bar. The bank who gives its clients merger and acquisition service always gives me a free hand as to how I should get the things off the ground. They will surely get the taste of big money and want to get a piece of the action, the minute we get off to a good start.

K: What if they turn it down?

J: If anybody gets in our way he'll get it—getting what he deserves. I believe in getting a good mix of legal and illegal businesses to get the whole thing rolling. The only thing that gets on my nerves is the way government officials always give me the bureaucratic runaround. But don't worry. My friend in court will get it straight. No problem. Got any comments? If so, get them off your chest.

K: I don't think so. I think I got the message.

giveとgetの連続で書かれた上記の英文は、まさに英語の本質をえぐり出した達意の英文群といえます。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平井和也

Author:平井和也
KH翻訳事務所代表。主に人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳を中心にしており、行政翻訳専攻です。好奇心旺盛な本好きです。異文化間コミュニケーション・サポーター。日本翻訳者協会(JAT)会員。海外ニュースライター。

特に政治、経済、国際情勢、行政、ジャーナリズムといった時事的なテーマが得意です。

主な翻訳実績として、東大や一橋大学などの教授の書いた学術文書の英訳、2006年サッカーW杯ドイツ大会の翻訳プロジェクトや防衛省・法務省などの政府系文書、政府高官のパーティースピーチ文書、国際会議関連文書、シンクタンクの報告書・論考、英字新聞『ジャパン・タイムズ』寄稿記事の和訳などの翻訳経験があります。

趣味:読書、語学。

ブログを読んでいただいて、ご意見・ご感想などございましたら、お気軽に以下のアドレスまでメールをいただければと思います。

curiositykh@world.odn.ne.jp

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンティークな懐中時計
今日の時事英語
ブクログ
ブクログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
キーワード出現頻度解析ツール
検索の仕組み | 上位表示の方法 | 無料SEOツール | 最新SEO情報
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ドキュメントルートとは blogram投票ボタン