スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の翻訳家

国策捜査で逮捕された元外務省職員であり作家の佐藤優さんは、その著書『交渉術』の中で次のようなことを書いています。

政治や外交の裏も表も知り尽くしたプロの記述だけに、背得力があり、非常に興味深いものです。

(外務省の)局長以上になると永田町、具体的には国会議員との調整という問題がからんでくる。出世にも国会議員の意向が関係する。そこで、局長以上の幹部は、霞が関言語と永田町言語の双方に通暁する必要が生じる。(中略)永田町言語を日常言語に訳すと次のようになる。

「俺は気にしてないぞ」(永田町)→「俺は気にしていないということは、お前の方で反省して謝りに来いということだ」(日常)

「行儀が悪い」(永田町)→「ゴリ押しをする。自分の管轄分野以外に手を突っ込む」(日常)

「近く俺があいさつに行くから」(永田町)→「すぐに来い」(日常)

「俺は聞いていない」(永田町)→「この件は俺に事前に相談していないので、絶対に認めない」(日常)

「他の先生を大切にしてください」(永田町)→「他の国会議員と比較して、俺を軽く見ているな。今に思い知らせてやる」(日常)

「忙しそうだな」(永田町)→「おまえは何を画策しているんだ」(日常)

永田町という異界の住人の使う言語を理解できる人間は、この世の中にごくわずかしかいない特殊な人種のようです。まさに究極の翻訳家!

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平井和也

Author:平井和也
KH翻訳事務所代表。主に人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳を中心にしており、行政翻訳専攻です。好奇心旺盛な本好きです。異文化間コミュニケーション・サポーター。日本翻訳者協会(JAT)会員。海外ニュースライター。

特に政治、経済、国際情勢、行政、ジャーナリズムといった時事的なテーマが得意です。

主な翻訳実績として、東大や一橋大学などの教授の書いた学術文書の英訳、2006年サッカーW杯ドイツ大会の翻訳プロジェクトや防衛省・法務省などの政府系文書、政府高官のパーティースピーチ文書、国際会議関連文書、シンクタンクの報告書・論考、英字新聞『ジャパン・タイムズ』寄稿記事の和訳などの翻訳経験があります。

趣味:読書、語学。

ブログを読んでいただいて、ご意見・ご感想などございましたら、お気軽に以下のアドレスまでメールをいただければと思います。

curiositykh@world.odn.ne.jp

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンティークな懐中時計
今日の時事英語
ブクログ
ブクログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
キーワード出現頻度解析ツール
検索の仕組み | 上位表示の方法 | 無料SEOツール | 最新SEO情報
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ドキュメントルートとは blogram投票ボタン