スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翻訳理論と翻訳実務

最近、翻訳会社から受け取ったネイティブ校正後の英文を見て、翻訳という異言語間の作業についてあらためて考えています。

私の取引している翻訳会社が、クライアントの原文に極力手を加えず、忠実に訳すという基本方針を掲げており、仕事の上でその方針に従って訳す習慣がついています。原文に極力手を加えないというのは、翻訳においては基本だと認識しています。

が、いつもネイティブ校正後の英文を見ると、言葉が削られている部分があり、最初に英訳する時点でもう少し英語としてしつこくなく、余計な単語を極力使わない英文を書くことも必要だと感じています。

こういうことは別に今に始まったことではなく、過去の案件でも同じことでしたが、今回あらためて考えさせられました。

今までのネイティブ校正後のファイルを見てきた経験から言うと、日本文をそのまま英語に訳した場合、純粋に英語として見たとき明らかにしつこくなるため、単語を削ったほうがいいと思う箇所があるのも事実です。

ポイントは、ネイティブによる校正の目的が何なのかだと思います。

つまり、日本人翻訳者が英訳した英文をより英語らしく書き換えることなのか、あくまでも原文の表記は極力残して、英語の間違いがないかどうかをチェックすることなのか、またはもっと深いところまで突っ込んで、細かいキーワードの使い方についてまで著者に直接アドバイスすることなのか、といったことです。

私が今まで取引してきた翻訳会社の場合、基本原則として原文に忠実にしながらも、英語としてより自然になるような書き換えを加え、時には直接著者に向けたコメントも加えるといったスタンスです。

ただ、私が語学学校のネイティブ講師に教わった翻訳技術では、翻訳者の訳注を付加した上で原文にそれなりの手を加えることをよしとするスタンスです。

これが実際の仕事になると必ずしもそのまま適用できるというわけでもないので、考えなければならないところです。

クライアントや原著者の立場からすると、原文にあまり大きな修正を加えてほしくはないものだと思います。ところが、原文をそのまま英訳すると、一語で言えるところを単語をいくつも余計に連ねていたり、間違った印象を与える表現になってしまったりすることが往々にしてあります。

純粋に言葉のプロの観点からすると、語学学校のネイティブ講師やプロの翻訳者のスタンスの方が、確実に英文の仕上がりは良くなると思います。が、翻訳もビジネスであり、ビジネスである限り顧客のニーズを最大限に尊重して、顧客満足度を上げることが必要です。

そこで、実際の翻訳案件では、翻訳会社やクライアントとのコミュニケーションや留意事項の確認が重要になってきます。

要は、言葉のプロの目と素人の目との差異を埋める作業が必要になってきます。

異なった言語間の翻訳作業というのは、つくづく奥が深いなあとあらためて考えさせられます。
スポンサーサイト

テーマ : つれづれ日記
ジャンル : 日記

プロフィール

平井和也

Author:平井和也
KH翻訳事務所代表。主に人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳を中心にしており、行政翻訳専攻です。好奇心旺盛な本好きです。異文化間コミュニケーション・サポーター。日本翻訳者協会(JAT)会員。海外ニュースライター。

特に政治、経済、国際情勢、行政、ジャーナリズムといった時事的なテーマが得意です。

主な翻訳実績として、東大や一橋大学などの教授の書いた学術文書の英訳、2006年サッカーW杯ドイツ大会の翻訳プロジェクトや防衛省・法務省などの政府系文書、政府高官のパーティースピーチ文書、国際会議関連文書、シンクタンクの報告書・論考、英字新聞『ジャパン・タイムズ』寄稿記事の和訳などの翻訳経験があります。

趣味:読書、語学。

ブログを読んでいただいて、ご意見・ご感想などございましたら、お気軽に以下のアドレスまでメールをいただければと思います。

curiositykh@world.odn.ne.jp

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンティークな懐中時計
今日の時事英語
ブクログ
ブクログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
キーワード出現頻度解析ツール
検索の仕組み | 上位表示の方法 | 無料SEOツール | 最新SEO情報
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ドキュメントルートとは blogram投票ボタン